上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有形文化財の古民家で、厄除け・招福を願う伝統の和菓子作り

 茶道の主菓子であり、砂糖や小豆餡が流通する江戸時代後期には既につくらていたという「ねりきり」。
 6月16日は和菓子の日。そして6月30日は夏越え大祓え。
 平安の古より続く嘉祥(かじょう)に、厄除け・招福を願って和菓子をみんなで味わいましょう。
 今回は、「練りきり」を2点を制作体験いただきます。

日 時:  6月29日(土)開演 午後1時 [開場12:30
会 場:  昭和の家(平田邸) 東京都足立区西保木間2丁目
講 師:  御菓小司 喜久月 店主 栗田 洋
参加費:  1000円
持ち物:  エプロン&布巾
申込方法   facebookイベントページより参加するをクリック、又は電話にて受け付けます。  
        https://www.facebook.com/events/183171131841055/ 
        一般社団法人日本伝統芸術国際交流会(JAA)
         TEL:03-6804-7361(受付時間 平日12:00~18:00)

●主催 水都江戸文化遺産塾実行委員会 
スポンサーサイト
もうすぐ花火七夕夏祭りのシーズン、今年の夏は浴衣を来て風流に出かけませんか。
昭和の家(S14築洋館付和風住宅 国登録有形文化財)では『浴衣着付け教室』を下記の様に
開催します。

【日時】 7月6日(土)
         午前クラス10:00~11:30 / 午後クラス14:00~15:30

【場所】  昭和の家(Hirata邸)  足立区西保木間 2丁目
        (東武スカイツリーライン竹の塚駅東口より徒歩、又はバス)
         ※お申込の方にはご案内地図をお送りします。

【参加費】 1500円 

【持ち物】  お持ちでない方は無料でお貸しします。予約時に必要なものをお申し出下さい。
       (当日の販売は一切ありません。)

【用意する物】 浴衣、薄手タオル2枚、紐2本、伊達締め1本、裾除け、肌襦袢、その他 
          いつもご使用になるものをご持参下さい。
       
      ※浴衣姿を和室で撮影希望の方はカメラをご持参下さい。
      ※庭で写真撮影されたい方は下駄をご持参下さい。
 

【申込 問合せ】 shouwahouse@yahoo.co.jp



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。